新緑がまぶしい。
山登りには最高の季節ではないだろうか?
あたしは、一人、二ノ瀬ユリを歩いていた。

何人かハイカーにすれ違い、あいさつを交わす。
見ず知らずの人とでも、これは山のルールなのだった。

ふと、茂みに人影が動いた。
用を足しているのだろうか。
男性が向こう向きに立っている。
ここはうっそうとしていて、鳥の声と、葉擦れの音しか聞こえない。
男性は手を激しく動かしているようだった。
明らかに、小用ではなく、マスターベーションの最中のようだった。
私はドキドキして木陰から見ていた。
サングラスをしていて、若そうだった。
手元には赤黒い立派な勃起が顔を出している。
ズボンのファスナーから引っ張り出してこすっているのだった。

あたしは思わず、
「手伝いましょうか?」と声をかけてしまったのである。
ぎょっとした表情になっただろう。
目は見えないが、動きが止まった。
でもペニスは隆隆と別の生き物のようにこちらを向いている。
「そのまま、じっとしてて」
あたしは彼に寄り添うように立って、勃起に手を伸ばした。
「あんた…」
やっと口を開いた彼。
「しっ!」
後ろを人が通る気配がした。
あたしは隠そうと彼に密着する。
遠ざかるハイカーを確認して、しごいてやった。
熱い肉が手のひらに感じられた。
亀頭はパンパンに膨れ上がり、つややかに陽光を反射している。
美しいペニスだった。
男は上を向いて、瞑想するようにじっとしていた。
そしてあたしの頭を撫で、髪の匂いを嗅いでいる。
ふん、はぁ…
硬いそれは、私の手になじんで、しなった。
若い反発力が、あたしも潤わせた。
「ああ、たまんない」
「姐さん、名前は?」
「なおこ」
「なおちゃんか。なおちゃん、おれもう」
「いくの?いって」
あたしは握る手に力を込めて、上下に早くしごいてやった。
「はっ、はあっ」
がくがくと男性は痙攣して持たれている大木を背にのけぞるようにして果てた。
おびただしい、白い液体が青々としたシダ類の上にまき散らされた。
「あふう」
「すごい…」
あたしは手に伝う熱い液体に感動していた。
ティッシュで後始末をして、ズボンに道具をしまい込んだ彼は、こういった。
「山の精と交わって、生気を得ようと来たんだ。あんたが山の精だね」
「違うわ。通りすがりの変態女よ」
「ありがとう」
「じゃあ、あたしはこれで」
「そうか、また山で会おう」
「うん」
あたしたちは反対方向に別れた。

山は不思議な場所だ。