Na・O・B・O・N

気ままに生きてます。だから気ままに書いていきますね。

あたしを知っている人はするどい。

セックスには大きく分けて二つあると、あたしはボスから教わった。
「してもらうセックス」と「してあげるセックス」だ。

あたしは職業上、後者の「してあげる」ことを念頭にセックスを行なってきたが、客によってはあたしが「してもらう」喜びを与えてくれることもあった。
どうやら、女に「してあげたい」と閨房(けいぼう)で思うのは男性の欲望の一つでもあるらしい。
たとい相手が商売女でも、自分のテクニックで「いかせる」ことができたら、男性の支配欲は満たされるのだから。
だから世間一般に、男に花を持たせようと商売女(にかかわらず)は「いったふり」をするものだ。

とはいえ、あたしはよく客にいかされる。
本当なのだ。
だから、あまり芝居をしなくていい。

男性の方が、手練手管において勝っている場合も多々あるのだった。
特に、あたしの所属するエージェントのコールガールと遊ぶ殿方は、家柄も申し分なく、そこそこの教養や、経済力に余裕のあるハイソな客ばかりだった。
若くして、事業に成功し、心の安らぎを正当に求めたい男性は、配偶者や恋人ではなくコールガールにそれを求める。
俗にいえば「割り切」っているのだった。
子どもが欲しいとかならば、ちゃんとお嫁さんを探せばいいのだ。

セックスはビジネスに通じるものがあるらしい。
相手を読み、相手を喜ばせ、後には自分も喜ばさせてもらう。
「三方良し」ではないが、そういったやりとりを楽しむセックスがあっていい。
ただ射精すればいいというなら、そういうサービスを格安で施す場所がある。
あたしたちのエージェントを選択する人々は、それなりの資格がないと楽しめないのだろう。
もちろん、あたしが客を選べる立場にはない。
必ず、どんな方でもお相手するのがプロフェッショナルだからだ。

あたしは「ケバ」い装いはしない。
下品は、もっとも嫌われるのだ。
だから、あたしは男性の夢をかなえるような姿かたちにつくる。
それは、彼らにとって、かつての担任の先生だったり、隣のお姉さんだったりするのだった。
だから、シックなスーツ姿や、フェミニンなワンピース姿で会う。
決して、「ドン引き」されるような水商売ルックはしない。
髪を脱色したり、長いまつげで小さい目をごまかしたり、おへそや乳首にピアスが貫いていたら、男性は萎えてしまうのだから。

Na・O・B・O・Nは、あなたのラブ・ドール(love doll)でありたい。

カイヤは家に帰って行った。
あたしは、一人部屋に取り残された。
また一人になっちゃった。


昨日、あたしはカイヤを男にしてあげた。
カイヤは、何度もあたしを貫き、その都度、たくましくなっていった。
そして、さわやかに去って行った。


「もう会わない方がいいよね」
そう言ったのはカイヤのほうだった。
「あなたがそう思うのなら」
あたしも、引き留めなかった。

「さようなら、なおこ」
「さようなら、あたし」

カイヤのペニスは十二センチほどの立派なもので、ちゃんと剥けていた。
そしてサクサクとした下萌えで飾られている。
「あんた、いくつなの?」
「十七」
「すごいね。これ」
「ちいせぇだろ」
「ううん。おっきいよ」
「ふん。そんなこと言って、たくさんの男を連れ込んでんだろ?」
「どこでそんな乱暴な言葉を覚えたのかしら?レディに向かって失礼ね」
あたしはプンと口を尖らせた。
「ごめん。でもナオコさん、遊んでそうだから」
「あら、そう見えて?」
「だって、おれにさせてくれんだろ?」
「あなたが好きだからよ。だれでもってわけじゃないわ」
あたしも出まかせを言っている。
コールガールが何を言っているのだろうか?
「おれが好き?こんなガキのどこがいいんだよ」
「あたしね、弟がほしかったの」
「弟って…じゃあ、ナオコさんは弟と寝るってわけ?わかんねぇな」
なかなか理屈を言う少年だった。

「じゃあ、しないの?」
「い、いや、そういうわけじゃ」
あたしが、ちょっと拗(す)ねてみたら、カイヤはあわてた。
「さ、寝てごらん」
「うん」
「ドクドクしてる。一人エッチするの?」
「何だよ…するに決まってるだろ」
「こんなふうに?」
あたしは、熱いペニスを柔らかく握って上下させた。
「うあっ」
「気持ちいいでしょ。自分でするより」
「ああ」
先走り液がにじみだし、亀頭はつややかに張ってきている。
反り返った男の子は、あたしを濡らした。
こんなの入れられたら、さぞかし気持ちいいだろうな…
「やべぇよ」
「出ちゃう?」
「お、おれ、初めてなんだよ」
恥ずかしそうにカイヤが告げる。
「いいよ。出しちゃいなよ」
「そ、そんな。ああ」
あたしはしごく手を早めた。
びくびくとカイヤが痙攣し、温かい液体を噴き上げた。
何度も、何度も。

↑このページのトップヘ