Na・O・B・O・N

気ままに生きてます。だから気ままに書いていきますね。

あたしを知っている人はするどい。

あたしの知人というか先輩に片岡智恵子という人がいる。
御年六十二歳だ。
なのに、すっごくセックスに奔放で、何人かセフレを持っているの。
ビジュアルは地味なおばさんなんだけど、やっぱ、五十代にしか見えない。
お化粧すれば四十後半でもイケるかもしれない。

旦那さんを早くに亡くして、お子さんもいないからかもしれない。
ただ驚くのは、セフレを持ったのが還暦になってからって言うじゃない。
「還暦になってあたし生まれ変わったの」
と、のたまったのだ。
あたし、耳を疑ったわ。
もちろん、いい人ができたからそんなことを言ったんだろうけど。
でも、還暦まで美しく(?)若々しい肉体を維持してたことも大きな理由だと思うのよ。

よく、ほら、還暦を迎えて「山登り始めました」とか聞くじゃない。

あんなノリで智恵子さんは、セックスに目覚めたらしい。

それまでは、職業婦人っていうのかな、柏市の建設会社の事務職をまじめに定年にまで勤め上げたの。
浮いた話もなかったと本人は言ってたわ。
オナニーはしてたらしいけど…
誘ってくださる男性はいたらしいけど、体を求められそうになるような関係にならないようにしてたらしい。
もったいないわね。
あたしに言わせれば。
「死別した旦那さんしか知らなかったの?」と訊いたら、
「うん」だって。
「じゃあ、一人でしてるの?」
「何よぉ…」って照れちゃって、かわいいおばさん♥
今は、通販でオモチャ買えるじゃない。
バイブとか何本か、持ってるってさ。
女の独り者ってそんなもんよ。
あたしも持ってるけど。

「最初のセフレは出会い系で知り合ったの?」
「ま、ね」
「その人がよかったんだ」
「なんていうかねぇ。年下なんだけど、大事にしてくれるの」
「へぇ。いたわってくれるってか?」
「五つくらい年下だから、『ねえさん』って呼んでくれてね」
「シスコンじゃないの?近親相姦フェチとか」
「そうね、訊けば姉がほしかったとか言ってた」
「やっぱり…でも合わせてあげてんだ」
「悪い気はしないわ。あたしだって弟がいたらなぁって思ってたし」
そういう彼女は一人っ子で、お母さんが茨城の牛久にいるらしい。
お父さんは彼女が高校生の時に女を作って出て行ってしまったとか。

「その人以外にもセフレいるんでしょ?」
「なんかモーターの会社の役員さんだった人とか、千葉大学の先生とか」
「すごいじゃない。そんな身分のしっかりした人も出会い系で遊ぶんだ」
「ふつうじゃない?今の時代」
「そうかなぁ」
「そうよ。奥さんに飽き飽きしてんのよ。みんなそう言ってる」
「お金、もらってんの?」
「もらってないわ。いらないもん」と、きっぱり。

「お金、もらっちゃったら、楽しくないと思うの。あたしが生活苦で体を売ってるんだって思われたら、みじめじゃない?」
「そ、そうよね」
たしかに、智恵子さんはお金に困っていない。
マンションだけど、自分の家を持っているし。
「どんなセックスするの?」
「男の人におまかせ…コスプレをしてくれっていわれたら、看護婦さんとかになってあげるし」
「セーラー服とか?」
「あったわよ。先生がそうだった」
「千葉大の?」
「そ」

「ペニスって好き?」
「好きよ。あんな面白いものはないわね」
「大きい方がいいの?」
「大きさはあまり関係ないわ。でもみんなあたしが想像してたより立派だったから、痛かったわ」
「そうなの?フェラもしてあげるの?」
「するわよ。お口の中で出さしてあげる」
「うわ」
「おいしいわ」
「めっちゃすごいよ。先輩」
「そうかしら?みんなしてんじゃないの?」
「してても、お口の中に出されるのは嫌なもんよ」
「好きな人だからいいのよ」
「まあそうね。自分がしてあげて気持ちよくなってくれてんだから、うれしいよね」
「そうなのよ。あたし男の人が逝くときの表情が好きなの」
「ああ、わかる」
「いい顔するのよ」
「そうだよねぇ。子供みたいなね」

今日も、智恵子先輩は、夕方から会社役員だった人とお食事してからホテルに行くんだって。
いいなぁ。
いい年の重ね方だなぁ。

うつぶせに寝ているあたしの上に、そっと倫人(みちひと)がかぶさってくる。
「なぁに?」
「ナオはそのまま寝てな」
「なにすんのよ」
「このまま入れる」そうだ。
あたしは足を閉じているから、下付きのあたしならそのまま臀部の肉を割ってペニスを滑り込ませることはできるだろう。
アヌスに放り込まれないことを祈るけれど。

倫人の腕があたしの首らへんにつく。
むにゅっと亀頭があたしを拡げる。
「ほらね」
「入ってるの?」
「入ってるだろ。ほら」
腰が押し付けられた。
「やん」
「ナオ」
「ミッチー…」
柏木倫人は、二十七歳のダンサーだと言う。「ミッチー」とは彼の愛称だった。
頭はレゲエっぽく編んでいる。
ひげも黒人をイメージしているのか、ブラシのように顎(あご)に残している。
「葉っぱ、やってるの?」
「みんなやってるさ」
大麻のことである。
ドラッグはやらずに、「健康的」なハッシシをもっぱら彼らはやっている。

ボングや水パイプ、クリスタルキャッチャー、グラインダー(いずれも大麻草を吸引するための器具)がテーブルに無造作におかれていた。
あたしは、倫人が人が変わったように求めるのは大麻のせいだと思った。

背中を向けたままつながっているあたしは、浅い挿入で膣口が刺激されるのを楽しんだ。
「はぁっ、いい」
「いいだろ」
大麻の口臭が耳元からただよう。
ずんずんと押し突かれ、太めの肉の棒があたしの奥の間を叩く。
膣に噛んだ空気が、おならのような、ポップな音を立てる。
「やだ」
「おもしれぇ」
ぷっ、ぷっ…

あたしは突然はひっくり返された。
「あっ、何?」
そのまま間髪入れずに丸い亀頭が正常位でねじこまれる。
「ふはひ」
「おぐっ、締まるねぇ」
「いやぁあん、おっき」
その口をふさぐように、厚い唇がかぶさって、ねばいキスを浴びせられる。
陰嚢(いんのう)が会陰(えいん)に当たるのが心地よい。
倫人の陰嚢は鶏卵でも入っているかのように大きかった。

おっぱいが吸われ、乳首が噛まれる。
「いったぁい!もお」
「めんご」
ぷちゅっとキスをくれた。
「あはぁ、あはっ、くるわ、きちゃう」
「なにがさ」
「あんたのが奥に」
「こうかい」
「ぎゃっ」
内臓がひっくり返るような真上からの突きにあたしは悲鳴を上げた。
マンぐり返しのあられもない格好で、貫かれ、お尻の穴まで舐められた。
「もうやだ」
「まだまだ」
大麻で元気百倍の倫人は、簡単には解放してくれなかった。
大麻をやると遅漏になるらしい。
「ナオも吸ってみろよ」
「いやよ」
「そうかい」
それ以上勧めはしなかった。
目がラリってるのがわかる。
あたしは少し怖かった。
もうこうやって、五時間くらいセックスしているのだ。
水っぽい射精を二度しただけの倫人は、ずっと勃起したままだった。

射精の状況で男性の満足感が異なるらしいことを木村元(はじむ)から聞いた。
木村は五十過ぎの自称「物書き」で、たまにあたしをコールする。

書いたものを見たことがない。
訊いても教えないのだ。
彼は「オナニスト」でもあった。
さまざまなオナニーの方法を経験し、器具を開発もしたそうだ。
特許も出願したそうだが、拒絶査定となって成立したものはなかったという。

そんなことよりも男性のオナニーである。
やはり高々と精液を噴き上げるのが最上らしい。
女のあたしでもそう思う。
「気持ちいいんだろうな」と思う。
反対に、ドロドロと伝うような射精が最悪らしい。
半勃起の柔らかいままの射精がそうなりやすいそうだ。
EDの患者さんは勃起しての射精にならないので、よけいにセックスから距離を置くようになる。

「飛ばす」射精はやはり禁欲が欠かせない事と、硬い勃起が必要なのだそうだ。
そして、こすって射精するのではなく、皮をきつく押し下げた状態で射精を待つと高く噴くそうな。
そのためには、よい「おかず」に恵まれなければならず。
また「おかず」の良しあしは人それぞれだというから難しい。

自然な射精には摩擦は必要なく、勃起を維持する血流の刺激だけで噴火するのだ。
海綿体や、特に亀頭に脈動する血流が射精感を増し、視覚的な要素も相まって飛び出すのだそうだ。

気持ちや視覚だけで「逝く」という「夢精」や「中出し」に近い射精の仕方を追求すると、頭を越えるような射精を経験できるらしい。
木村氏は何度も、ペニスから顔面を越えて枕の向こうに落下する自分の精液の軌跡を追ったことがあるという。
いやはや、すばらしいことだ。

↑このページのトップヘ