Na・O・B・O・N

気ままに生きてます。だから気ままに書いていきますね。

あたしを知っている人はするどい。

お盆に帰省してセックスをするというのも「バチ当たり」を犯しているようで妙に燃える。

ずっとまえに、親類の告別式で遠縁の手癖の悪い男に言い寄られて、喪服のままでセックスをしたときもすごく感じてしまった。
その男とは以後、何度か街で会ったけれど、もはやマンネリ化していて、ときめかなくなったのであたしの方から距離を置くようにした。
やはり背徳を犯すシチュエーションが必要なんだなと感じたものだった。

幼いころ、あたしたち家族は横手市に昔、住んでいた。
そこが父方の故郷であり、母は仙台市の生まれだった。
父の仕事の関係で、あきる野市に引っ越し、あたしは高校時代をそこですごした。
ちょうどバブルがはじけたころだった。
卒業しても就職難で、あたしは水商売に身を落としていた。
お酒が飲めたので、けっこううまくやっていけた。
そして体を提供することで、よい生活ができることも覚えた。
複数の愛人になり、都心に住まうことも許されたのだった。
そして、会員制愛人バンクに登録し、今の生活になった。
この生活がいつまで続くのか心配は尽きないが、父母とも疎遠になった今日、先のことは考えないようにしている。
そういえばヨコヤマナオコというあたしの人格の大半を占める人物が、あたしを上手にコントロールしてくれている。


震災後、初めて秋田に足を踏み入れた。
横手市は見違えるほど大都市になっていて、あたしはまったく要領を得なかった。
ここに切符を買って来たのも、頭の中でヨコヤマナオコがしきりに訴えるからだった。
「オマエハ、ココデ、アリヨシマモルニ、アウ」
有吉衛とは、あの遠縁の男にほかならない。
なぜ、ナオコが有吉を知っているのかわからなかったが、あたしはその言葉に従ってここに来た。
有吉の体は、あたしに妙に合った。
身内同士のなんかが呼び合うのだろうか?

しかし、もう十年以上も会っていない相手である。
遠縁とはいえ、住んでいる場所もなにも知らないのだ。
ところが、足が勝手に歩き出す。
体がその場所を知っているかのようだった。
そして体の芯から潤ってくる。
こんなことかつてなかった。
じわりとショーツのクロッチが沁み、汗ではない液体で内ももまで滑りよくなってくる。
歩くことが性感を高めるかのようだった。
どこかトイレに入らないととんでもないことになりそうだった。
「ナプキン、あったかしら?」
生理にはまだ間があったがエチケットとして用意はしていた。
そうこうしているうちに、足が止まった。
前には「有吉」と表札のある一戸建ての家があった。
あたしは呼び鈴を押した。
しばらくして、五十がらみの男が引き戸を開けて顔を出した。
あたしはその男の顔に見覚えがあった。
彼もそうだったのだろう。
「なおちゃん?」
「ええ。ごぶさたしてます」
「なんでまた…」
「なんだかわからないけど…足がこっちに」
「ま、入りなよ」
明らかに有吉は、好色の表情を浮かべてあたしを招き入れた。
家の中は薄暗く、線香のにおいがした。
「オヤジの新盆でね」
彼は仏間に案内した。
立派な仏壇の前に、盆灯籠に明かりがともって回っている。
あたしは勧められた利休鼠の色の座布団にひざを折り、座った。
「おふくろは七回忌を終えたんだ」
独り言のように彼は言った。
「でも、驚いたなぁ。なおちゃんが来てくれるなんて。よくここがわかったね」
「なんとなく…」
「なんとなく、おれが忘れられないって?あれからずいぶんたつね」
麦茶をグラスに注ぎながら言う。
「あれから、あきる野市に引っ越したの」
「そうだよね。まだ高校生だった…なおちゃんは。今はなにしてんの?」
「OL…」
「そっかぁ。結婚はしていないんだね」
「うん。相手がいなくて」
「仕事がいそがしいんだろ。でも大人になったね。お化粧なんかして」
「有吉さんは、結婚していないの」
「こんな田舎者のところにだれも来てくれないさ」
「お仕事は?」
「警備員をやってたんだけど、おやじの介護で、なかなかまとまった仕事につけなくてね、今は無職」
そのわりには、家も小ぎれいだった。
「なおちゃん、あの、また、いいかな」
「え、なにが?」
「おれ、なおちゃん見てたら、もう、たまんなくって。あの頃を思い出してさ」
何を言っているのかはわかった。
あたしも、そういう商売柄、拒む理由もなかった。
「いいわよ。でも汗だくだから、お風呂かシャワーを借りたいわ」
「そ、そうだね。用意するよ」
立ち上がった有吉のズボンの股間はもうテントが張っていた。
ずっと一人でがまんしてきたのだろう。
このあたりじゃ、風俗らしきものもなさそうだし。

(つづく)

座るようにつながった…
男はゴージャスな皮のソファのような座り心地で、濡れそぼった私の秘肉を押し開く。

彼は足が不自由だった。
だから、私が終始リードして事に及ぶ。
松崎征士郎と名乗った五十がらみの男性は、戦場カメラマンだという。
銃創が体のあちこちを貫き、悲壮な履歴を物語っていた。
「この足は、地雷を踏んだんだ」
「え?」
「小さな対人地雷でね、正確には木が落ちていて、その木を踏んでしまったときに木の端に地雷が埋まっていたんだな」
彼は、問わず語りに話した。
私は彼の上に乗って、腰をゆすりながら、話を聞いていた。
「そんでボカァンと」
「まぁ」
「幸い、足がもげることはなかったが、木の破片が膝を貫いたんだ。ほら」
左足には生々しい、傷跡が残り、縫った後もあるようだった。
「野戦病院でね、たいした手当もできずこのざまさ」
去年のベイルートでの話だそうだ。
正確にはシリアの国境付近で大けがをし、レバノンのベイルートに移送されて、カイロ経由で日本に舞い戻ったという。
「女と寝るのは、日本に帰ってきて君が初めてさ」
「うふふ。たっぷり楽しませてあげる」
「ここは銃声も聞こえない…」
「だって東京だもの」
「まったくだ」
あたしは、腰を振って、硬い銃身のようなペニスをしごいてやった。
「ああ、狭いな。君のは」
「鍛えてるのよ。あたしだって」
「そうなのかい?コールガールってもんは」
「プロだから。あん」
松崎が突き上げてきたので、思わず声が出た。
子宮がうずく。
「日本人の体がいちばんいいよ」
「もう、何人と寝たの?」
あたしは、彼のあごを手指で撫でながら訊いた。
無精ひげのとげとげしさが、手のひらに心地よい。
「さぁな」
「アラブ女?」
「ああ、トルコのイスタンブールの娼家で抱いた女は、シェヘラザードのようだった。おれはスルタンの気分になれた」
「へえ。千夜一夜ってわけ」
私のお乳を下から持ち上げるように愛撫してくれる。
乳首が指先でこねられ、あたしも喘ぎ声が出てしまう。
ざらついた、指紋はかえって私を乱れさせた。
私は後ろ手をついて、ことさら結合部分を見せつけるように動いた。
彼の手が私の腰をホールドする。
日本人とは思えない皮膚の黒さが、歴戦の勇士を物語る。
浮き出た瘢痕が彫刻の鑿(のみ)の跡のようだった。
激しく反り返ったペニスが私のGスポットを掻いた。
「あふっ」
「はぁっ、はあっ、はふぅ」
荒い息を松崎はふいごのように吹く。
玉の汗がみるみる彼の胸や首に浮き出した。
血管は破裂しそうなくらいに膨れて、首筋を走る。
騎乗位で逝く男は少ない。
経験の少ないひとは騎乗位で逝くことがままあるのを知っている。
松崎は言うほど女性経験はないのかもしれない。
がつっと腰が入ったかと思うと、くぐもった声を漏らして、松崎は私の中で果てた。
私は彼に覆いかぶさって、唇を重ねた。
厚い舌が私の舌と絡んだ。
お腹に力を入れると、彼はプツリと抜け落ちてしまった。



あたしフェラチオを褒められた。
別に練習したわけじゃないけれど、場数を踏めば、その辺の奥様よりはうまくなる。
ただ、あたしの舌技が男の人にとっていいものなのか、ダメなのかが自分ではわからない。

フェラチオって、ペニスを好きにならなければ上手くならないんじゃないかって、最近思うようになった。
あたしはこの仕事をする前は、ペニスに嫌悪感を持っていた。
小さいころ、近所の年上の少年にいたずらされたことが根底にあるのかもしれない。
握らされ、少年が射精するまで手のひらを動かさされた。
たぶん少年は中学生で、丸坊主だった。
こないだのスナメリ君のように。

硬くて熱い雄の器官を、あたしは懸命にこすっていた。
少年の息が荒くなり、足がぴんと伸びたかと思うと、ペニスの先の穴から紐のように白い液体が飛び出した。
その後も、だらだらと液体は出続け、あたしは手の動きを止めなかったから、あたしの手の甲にも伝った。
ペニスの皮をつぼめ、あたしは手を離した。
さっきまで元気だったペニスはだらりと下を向いて、ずいぶん小さくなった。

断片的な記憶がよみがえるが、それは何度も繰り返されたことだった。
あたしは手淫やフェラをするときに、あの忌まわしい事件を思い出すのだった。

この仕事をするようになり、手淫や口淫にことさら嫌悪感を抱かないが、ふと我に返ることがある。
懸命に仕事を行っているあたしにとってそれは邪念に等しい。

何本も男性の自慢の器官をみるにつけ、愛着さえ湧いてくる。
ペニスは愛おしい。
女に無い分、ひとしおそう思うのだ。

秋山はサーファーだと言っていた。
湘南はもとより、房総、九十九里にまで足を延ばすそうだ。
そう言うからには、こんがりと日焼けし、短い髪は赤茶けていた。
「色、抜いてんだ」
あたしは彼の物を口に含みながら聞いていた。
「かわいいな。その表情」
あたしの髪をかき上げて、しゃぶっているあたしの顔をながめている。
あたしは目だけで返事をし、大きくほおばる。
弾力のある亀頭は、あたしの口の中にいっぱいに弾んだ。
はむっ…あぷ。
唾を十分に溜めて、亀頭の先端に乗せる。
ちゅるり…
「アダルトビデオみたいだな。なおこって言ったっけ、そういうの出たことあるの?」
「ううん」
あたしはかぶりを振った。
そういう話はあったが、元来、恥ずかしがりなんで、断ってきた。
「風俗店とかに勤めてたとか」
「ううん」
「そうか。それにしちゃ、うまいな」
雁首に唇をひっかけるようにして口から出し、にっと笑った。
そうして、またほおばる。
じゅっぷ…じゅぽ、じゅぴ…
首を使って、激しく亀頭から茎までを出し入れする。
「おふぅ、でちまうよ。そんなにしたら…」
「出しなさいよ」
あたしは口を外して、言ってやった。
亀頭の直径は4㎝近くあるようだが、茎が3㎝ちょっとしかないように見えた。
段差が激しいキノコのようなペニスだった。
こんなので搔かれたらさぞかし気持ちがいいだろう。
あたしはまだ彼を収めていないので、期待が膨らんだ。
「やっぱ、なおこちゃんの中でイキてぇよ」
「じゃ、して」
あたしは秋山の首に腕を絡めて、しなだれかかった。
秋山は、それを合図に激しく抱きしめてきて、口づけを迫った。
あぷ…あむ

秋山はあたしの陰裂を指でなぞり、潤いを確かめている。
時々、指先を曲げて膣口を破る。
「ああん、やん」
「にちょにちょだぜ。糸ひいてやがる」
そんなハレンチなことを言う。
太い腕で抱え込まれ、腋から香り立つ男の匂いに包まれる。
あたしは嫌いじゃない。
父も同じ匂いがした。
小学校の担任の先生も同じ匂いがした。
あたしを幼いころに旅立たせてくれる香りだった。
いきなり差し込まれた。
きゃっ!
押し開くような太いペニスの侵入。
痛みを伴うような挿入だったが、じきに、やわらかになった。
「ああん、いい。あなたの」
「そうかい。ずっぽり入ってるぜ。見えるかい?」
あたしは首を上げてその部分を見た。
確かにあの長さの物が根元まであたしの中に入ってしまっている。
もう二人の隙間は無かった。
ぐぼっという感じでペニスが抜かれ、また押し込まれる。
そのたびに、あたしの腰が浮き上がり、彼の動きに合わせる。
抜かれるときに内臓が吸いだされるような感じを覚えた。
すごいピストンだった。
おおおおお、よよよよ…
あたしは、興奮と快感で声が止まらなかった。
「なおこ、そんなにのけ反ったら、ベッドから落ちてしまう」
秋山があわててあたしを起こした。
うふーっ。
あたしも大きく息を吐き、起こされて、座位で彼に絡みついた。
腹の中に芯が通っているようなペニスである。

↑このページのトップヘ