Na・O・B・O・N

気ままに生きてます。だから気ままに書いていきますね。

あたしを知っている人はするどい。

家出少年なんだろうか?
あたしは、その汗臭いハイティーンらしき男の子が妙に気になった。
ズボンはたぶん学生ズボンだと思うが、ひざっ小僧が破けている。
「あんた、喧嘩でもしたの?」
「いいや」
「ひどい格好…そのポロも汗染みだらけ」
「おとといからシャワーもしてねぇ」
ぶっきらぼうに彼は答えた。しゃべるのが億劫というわけではなさそうだった。
「ねえちゃんこそ、なんでおれなんかに声をかけるんだよ」
「ちょっと、気になっただけ」
「なあ、なんか食うもん持ってねぇか?腹ペコなんだ」
「家出?もしかして」
「だったらどうなんだよ。持ってねぇんなら、あっちへ行けよ」
すごむ彼がいじらしかった。
目は澄んでいる。
悪い子じゃないと思った。
棘をとがらせて、精いっぱい、防御しているのだった。
かつてあたしもそうだった。
雨に濡れそぼって、冷たい街をさまよっていたとき、ボスに拾われたのだ。
ボスと呼んではいるが、女性である。
エージェントのスカウターだった。
あたしは、彼女のマンションにつれていかれ、裸にされて、シャワーを浴びさせた。
そうして人間らしく扱われ、そのまま春をひさぐ生活になった。
後悔はない。
あるはずがない。

「あなた、あたしと一緒に来ない?」
「え?」
鳩が豆鉄砲を食ったような顔と言えばそんな顔だった。
「あたしがきれいにしてあげるし、何か食べさせてあげる」
「ほんと?」
「うん。助けてあげたいの」
「ありがてぇ」
生意気な子である。

あたしは自宅マンションに彼を連れて帰った。
ずいぶん前に羽佐間と観た映画の『ノルウェイの森』の松山ケンイチに似ていた。

「先にシャワーして。こっちよ」
彼は無言でついてくる。
「そうね、着替えがいるわね。先に入ってて、なんか用意するから」
「女物はやだぜ」
「だいじょうぶよ」
「だれか一緒に住んでるの?」
ポロシャツを脱ぎながら、彼が問う。
腹筋が割れて、なかなかいい体をしている。
「昔ね」
あたしは、小さく答えた。
羽佐間の下着やパジャマ、ジャージなどは、帰ってくると儚い期待をして置いてあるだけだった。

勢いよくお湯の出る音がして、シャワールームで男の子が浴びているのを聞きながら、あたしはクローゼットに下着などを取りに向かう。

「あー、さっぱりした」
シャワーを終えた彼が見違えた姿で現れた。
「あなた、ハンサムね」
「なんだよ。気持ちわりぃ」
そう言って、バスタオルで顔を拭いている。
もちろん下もバスタオルをちゃんと巻いている。
「ここに置いてある下着を使って。まっさらよ」
「へぇ、なんでこんなの持ってるの?旦那さんとかいないのに」
「いないわけじゃないの」
「別居?」
「難しい言葉知ってんのね。別れたの」
「そうなんだ…」
あたしは、キッチンに行った。
そのままそこにいては着替えられないだろうから。

あたしは冷凍パスタを戻して、作ってやった。
「カッペリーニだけど、食べる?」
「イタリアン?それどんなの?」
「あたし、よく食べるんだけど、お口に合うかどうか」
「うまそう」
パジャマ姿の彼は、よほど腹をすかしていたと見えて、ぺろりと平らげた。
「ごっそさん」
ちゃんとした子のようだった。
「落ち着いた?お名前、まだ訊いてなかったわね。あたしはナオコ。ヨコヤマナオコ」
「おれ、タジマカイヤ」
「カイヤってどんな字?」
「カタカナだよ。母ちゃんがつけたんだ。音の響きがいいって」
「ふうん」
永く一人で暮らしてきたこの部屋が、生気を取り戻したように明るくなった。
やはり部屋は二人で使うものなのかもしれない。
たとい見ず知らずの少年とでも…



有吉のペニスは曲がっていた。
あたしは多くの男性を見てきているが、このように湾曲しているものは知らない。
だから印象に残っていたのだ。
「ああ、これこれ」
そういって、彼のペニスをなぞるように指を滑らせる。
「なんだよ、これこれって」
「このカーブ、すごいよね…いないよ、こんなの持ってる人」
「そ、そうかい。自分じゃ、気にしてんだけど。奇形かなとか思ったりして」
「ううん、この曲がりが、あたしん中でぐいぐいこするの」
「正常位でかい?」
「そうね…バックかな」
あたしは彼をゆっくりしごきながら答えた。
あたしの手の中で、熱く硬い肉の柱は反りかえる。
「ああ、ひさしぶりだぁ。女に握ってもらうなんてな」
さも、満足げに有吉が胸毛を揺らしながらあたしを見つめる。
男の体臭に包まれながら、あたしは日焼けした男の腕に乳房を押し付けるように添い寝した。
狭い部屋は、有吉の使いやすいようにモノが並べられ、窓も光を遮るように服がつるされていた。
認知症の介護が必要なお父さんはデイサービスに行っているのだそうだ。

古いエアコンが、鈍い音を立てていて、涼しくはしてくれている。
「めったに使わねぇんだども」
と言いながらつけてくれた。
「そろそろ、いいかね」
挿入したいのだろう。
「じゃ、後ろから」
あたしは寝返って四つ這いになり尻を突き出した。
「へえ、積極的だね」
「早くほしいのよ」
「んじゃ」
ぐじ…
そんな感じで重く押し分けてきた。
太い…と思った。
あたしのが狭いのかもしれない。
有吉のまがったなりに押し込んでくるから、あたしがねじられる。
「あはひ…」
「どう?」
「いい、いいに決まってんじゃん」
あたしは乱暴な口をきいた。
「そうかい」
腰を回す様に、差し込んだまま漕いでくる。
うぎ…
喉が詰まったようになって声も出ない。
あたしは汗臭い枕に顔を埋めて、歯を食いしばって快感に耐えた。
有吉は覆いかぶさってきて後ろから乳房を揉みしだいてくる。
ふしくれだった手指がざらついて、乳輪の敏感な部分を摩擦する。
やん…
腕立ての状態で身をおこし、頭がガクリと下がる。
「よう締まるっちゃ」
そんなことを口走りながら、激しく出し入れしてくる。
くっ…う
ずぼずぼと太いものが出入りするので、あたしの内臓が掻き出されるような感じがする。
やはり、すごくいいペニスだと思う。
とろとろとあたしのお汁だろうか、内ももを伝う。
かなり激しく濡れているらしい。
まれなことだ。
耳元で有吉が
「中で、いいか?危ない日か?」
と訊いてきたので、
「いいよ、中にちょうだい」
と答えた。
あたしは仕事柄、薬を飲んでいるから大丈夫なのだ。
「い、いくで」
「来て」
どっどっとSLのように有吉が動きを変え、射精に向かって走り出した。
ううっぐっ…
「いぐっ」
有吉が硬直してあたしに密着してきた。
どくんどくんと送り込まれる精液…
あたしは母になる予感がした。
そんなはずはないのに。
有吉の子供が欲しくなってきた。
この男と横手で暮らすのも悪くないと。
有吉の熱い体の下で、ひと時の愛を感じていたかった。
「いっけねぇ、おやじが帰ってくるべ」
そう言って彼はあたしからそそくさと離れて行ってしまった。

(おわり)

お盆に帰省してセックスをするというのも「バチ当たり」を犯しているようで妙に燃える。

ずっとまえに、親類の告別式で遠縁の手癖の悪い男に言い寄られて、喪服のままでセックスをしたときもすごく感じてしまった。
その男とは以後、何度か街で会ったけれど、もはやマンネリ化していて、ときめかなくなったのであたしの方から距離を置くようにした。
やはり背徳を犯すシチュエーションが必要なんだなと感じたものだった。

幼いころ、あたしたち家族は横手市に昔、住んでいた。
そこが父方の故郷であり、母は仙台市の生まれだった。
父の仕事の関係で、あきる野市に引っ越し、あたしは高校時代をそこですごした。
ちょうどバブルがはじけたころだった。
卒業しても就職難で、あたしは水商売に身を落としていた。
お酒が飲めたので、けっこううまくやっていけた。
そして体を提供することで、よい生活ができることも覚えた。
複数の愛人になり、都心に住まうことも許されたのだった。
そして、会員制愛人バンクに登録し、今の生活になった。
この生活がいつまで続くのか心配は尽きないが、父母とも疎遠になった今日、先のことは考えないようにしている。
そういえばヨコヤマナオコというあたしの人格の大半を占める人物が、あたしを上手にコントロールしてくれている。


震災後、初めて秋田に足を踏み入れた。
横手市は見違えるほど大都市になっていて、あたしはまったく要領を得なかった。
ここに切符を買って来たのも、頭の中でヨコヤマナオコがしきりに訴えるからだった。
「オマエハ、ココデ、アリヨシマモルニ、アウ」
有吉衛とは、あの遠縁の男にほかならない。
なぜ、ナオコが有吉を知っているのかわからなかったが、あたしはその言葉に従ってここに来た。
有吉の体は、あたしに妙に合った。
身内同士のなんかが呼び合うのだろうか?

しかし、もう十年以上も会っていない相手である。
遠縁とはいえ、住んでいる場所もなにも知らないのだ。
ところが、足が勝手に歩き出す。
体がその場所を知っているかのようだった。
そして体の芯から潤ってくる。
こんなことかつてなかった。
じわりとショーツのクロッチが沁み、汗ではない液体で内ももまで滑りよくなってくる。
歩くことが性感を高めるかのようだった。
どこかトイレに入らないととんでもないことになりそうだった。
「ナプキン、あったかしら?」
生理にはまだ間があったがエチケットとして用意はしていた。
そうこうしているうちに、足が止まった。
前には「有吉」と表札のある一戸建ての家があった。
あたしは呼び鈴を押した。
しばらくして、五十がらみの男が引き戸を開けて顔を出した。
あたしはその男の顔に見覚えがあった。
彼もそうだったのだろう。
「なおちゃん?」
「ええ。ごぶさたしてます」
「なんでまた…」
「なんだかわからないけど…足がこっちに」
「ま、入りなよ」
明らかに有吉は、好色の表情を浮かべてあたしを招き入れた。
家の中は薄暗く、線香のにおいがした。
「オヤジの新盆でね」
彼は仏間に案内した。
立派な仏壇の前に、盆灯籠に明かりがともって回っている。
あたしは勧められた利休鼠の色の座布団にひざを折り、座った。
「おふくろは七回忌を終えたんだ」
独り言のように彼は言った。
「でも、驚いたなぁ。なおちゃんが来てくれるなんて。よくここがわかったね」
「なんとなく…」
「なんとなく、おれが忘れられないって?あれからずいぶんたつね」
麦茶をグラスに注ぎながら言う。
「あれから、あきる野市に引っ越したの」
「そうだよね。まだ高校生だった…なおちゃんは。今はなにしてんの?」
「OL…」
「そっかぁ。結婚はしていないんだね」
「うん。相手がいなくて」
「仕事がいそがしいんだろ。でも大人になったね。お化粧なんかして」
「有吉さんは、結婚していないの」
「こんな田舎者のところにだれも来てくれないさ」
「お仕事は?」
「警備員をやってたんだけど、おやじの介護で、なかなかまとまった仕事につけなくてね、今は無職」
そのわりには、家も小ぎれいだった。
「なおちゃん、あの、また、いいかな」
「え、なにが?」
「おれ、なおちゃん見てたら、もう、たまんなくって。あの頃を思い出してさ」
何を言っているのかはわかった。
あたしも、そういう商売柄、拒む理由もなかった。
「いいわよ。でも汗だくだから、お風呂かシャワーを借りたいわ」
「そ、そうだね。用意するよ」
立ち上がった有吉のズボンの股間はもうテントが張っていた。
ずっと一人でがまんしてきたのだろう。
このあたりじゃ、風俗らしきものもなさそうだし。

(つづく)

↑このページのトップヘ